Blog

髪の毛の基礎知識!!!(*^^*)

      2019/05/17

こんにちは!MiKAです(*^^*)

「もっと綺麗で指通りのいい髪になりたい」
と思っている反面、

髪の事って知っているようで知らないこと多いですよね?

そこで!

今回は髪の仕組みや構造を解説していきます!

正しい知識を身につけて、もっと綺麗な髪を目指しましょう´ω`*

☆毛髪の基礎知識!本数や生え変わりのサイクルって?

日頃からケアしている私たちの髪。

実際に何本あるかご存じですか?

平均するとおよそ10万本もの髪が生えていて、

その1本1本は、直径0.1mm前後と大変細いです。

そして、1日に約0.35mm、1ヶ月では約1cm伸びると言われています。

また、一般に髪が生えてから抜けるまでは、

5~6年のサイクルだと考えられています。

「抜け毛が気になる」という方も多くいらっしゃると思いますが、

平均すると毎日50~100本の髪が生え変わるので、

そこまで神経質になる必要はないかもしれませんね。

ただ、「普段と何か違うな」という感覚はとても大切なので、

迷わずに美容師にご相談されることをオススメします(*^^*)

【髪の基本構造】キューティクルとコルテックス

髪を輪切りにすると外側から順に、

キューティクル、コルテックス、メデュラという

3つの部分から構成されていることがわかります。

・キューティクル
髪の一番外側を覆って、熱や摩擦から髪全体を守る働きをしているのがキューティクルです。

キューティクルは薄くて硬い鱗状のものが、CMCというのりのようなものでくっついています。

様々なダメージによりキューティクルが剥がれてしまうと、

髪の内部のコルテックスがむき出しの状態になってしまいます。

・コルテックス
キューティクルと比べると耳馴染みが薄いかもしれませんが、

髪全体の85%を占めるのがコルテックス領域と呼ばれる部分です。

「ケラチン」というタンパク質からできていて、

髪の毛の弾力を出すような働きをもっています。

多数のコルテックス細胞が集まって、コルテックス領域を形作っています。

パーマやカラーはこのコルテックスに作用することで、

髪に発色や動きを与えています。

 繰り返してカラーやパーマをされる際は、

手触りで効果を実感しやすいキューティクルのケアだけでなく、

実際にカラーやパーマの影響を受けている髪内部のコルテックスのケアにも

気を使ってあげる必要があります。

また、雨の日や梅雨の時期など、

湿気が多い時に「くせ」が出やすくなるのも、

このコルテックスに原因があるのです。

今回は髪の毛の基礎知識を書かせて頂きました*\(^o^)/*

次回はくせ毛について投稿させていただきますね!*\(^o^)/*

アプリ限定のクーポンも配信!
Spec Holder公式アプリからのご予約はコチラから

APP STOREからのインストールはこちら

Google playからのインストールはこちら

 - Mika Niiyama, 未分類 ,

072-959-6770
MENU